≪8≫ 基本的な準備 ④

◇ ひとりでは練習できない = 面接に出かける朝は、だれでも鏡の前で入念な仕上げをするだろう。服装や髪型、女性の場合はお化粧のぐあい。姿勢を正して、にこっと笑ってみたりする。

だが、それでいいと思った姿勢や表情、お化粧など。意外に落とし穴が潜んでいる。首が曲がっていたり、お化粧が濃すぎたり。自分では、なかなか欠点を見つけにくい。

だから事前に、誰かに頼んで練習をしておく。親や兄弟、先輩や友人でもいい。いろんな角度から、なんでも指摘してもらう。ふざけないで、まじめに練習することが大切だ。

できればドアをノックして入室し、名前を言って着席するところまで見てもらう。どの程度、頭を下げるか。どこを見て発言するか。それだけでも、なかなか難しい。でも練習すれば、かならず改善する。

                  
                 
 (続きは来週日曜日)

          
人気ブログランキングへ 

   ◇ 面接や作文に威力を発揮する経済常識の習得には

       ⇒ http://economy33.blog77.fc2.com/
スポンサーサイト

≪7≫ 基本的な準備 ③

◇ 目は口ほどにモノを言う = 簡単なことから始めましょう。面接のとき、意外に見られているのが”目”だということを知っていますか。面接者は受験者の目を見て、その人の性格を判断しようとしているのです。落ち着いた性格なのか、あわて者なのか。

鏡に自分の顔を映して、いろんな顔をしてみましょう。怒った顔、笑った顔、泣いた顔。最後に安心した顔になりましょう。そのとき何かをイメージしてください。たとえば恋人の顔とか、故郷の景色とか。

この練習をしていると、そのイメージを思い浮かべるだけで安心した顔になれます。そのときの目が、相手に最もいい印象を与える目になるはずです。

面接のとき、絶対にやってはダメなことは、目をきょろきょろ動かすこと。こんなクセのある人は、努力して直しておきましょう。また女性の場合、度の過ぎたアイラッシュやアイシャドウは禁物。入社試験と何かのオーディションと間違えてはいけません。

                   (続きは来週日曜日)



人気ブログランキングへ 


 ◇ 面接や作文に威力を発揮する経済常識の習得には

   ⇒ http://economy33.blog77.fc2.com/ 

≪6≫ 基本的な準備 ②

◇ 服装では落とされない = 20万円のオーダーメードでも1万円の安いスーツでも、それが面接試験の結果に影響することはまずありません。常識外の突飛な服装でもない限り、大丈夫です。だから服装に気を使うよりは、面接でどんなことを話すかの準備に時間を使いましょう。

ただ立派なスーツを着ている割に、言うことは幼稚だと思われては損ですね。そういう意味では、高そうなスーツにはリスクがあるかもしれません。

女性の場合は、よく「3原色は避けた方がいい」と言われます。これも3原色はダメというわけではなく、派手なスーツほどお化粧やアクセサリーの選び方が難しくなるからでしょう。

ファッション系の会社を除けば、受験生の服装を気にする会社はまずありません。小ざっぱりした服装ならば、リスクも少なくOKです。会社が選ぶのは服装ではなく、人間だということを忘れないで。


                               (続きは来週日曜日)


人気ブログランキングへ 


 ◇ 面接や作文に威力を発揮する経済常識の習得には

   ⇒ http://economy33.blog77.fc2.com/ 

≪5≫ 基本的な準備 ①

◇ 読める字を書こう = エントリー・シートや感想文など、これから企業側に提出する書類はいくつもあります。そこに書かれた字が汚いと、貴方の評価はかなり低くなると考えてください。

人手不足ですから、採用はされるかもしれません。しかし字の汚い人が重要な仕事に就くと、周りの人が読み違えて事故を起こすかもしれないのです。だから採用はされても、あまり重要でない職場に回される危険性があります。

いま多くの学生がパソコンやスマホを使って、字を書きません。講義をノートするときは書きなぐり。自分が判れば、それでいいわけです。このために字のきたない人が多い。でもエントリー・シートの字がのたくっていたら、それだけで落とされる場合だってあるのです。

達筆でなくて結構。読む人に判りやすい字を書いてください。読みやすい字は、社会人になるための礼儀です。一字一字、ていねいに書く練習を1週間。これで、あなたの評価は、かなり上がります。


                        (続きは来週日曜日)


人気ブログランキングへ 


 ◇ 面接や作文に威力を発揮する経済常識の習得には

   ⇒ http://economy33.blog77.fc2.com/

≪4≫ インターンシップの変貌

◇ 大学2年生は注意が必要 = 人手不足が深刻化するにつれて、インターンシップ制度の本質が急速に変化しつつあります。一部の企業では、すでに採用試験の一環だと考え始めているようです。この傾向は強まるに違いありません。

インターンシップへの参加希望者が増えると、企業は参加者を選別する必要に迫られるでしょう。おそらく事前に書類を提出させる可能性が高くなります。そこには「あなたの特技は」とか「参加の理由は」といった書き込み欄があるかもしれません。

そこでいい加減なことを書くと、あとで面接の前に提出するエントリー・シートとの整合性が問われることになりますね。だからインターンシップに参加するためには、就職についての考え方を大学2年生のうちにある程度は固めておく必要があるのです。

インターンシップの行き過ぎに関しては、文部科学省や経団連が企業に是正を求めるかもしれません。しかし外資系企業や中小企業には、規制が及びません。就職活動は、いまや「大学2年生から」になったと覚悟しておいた方がいいようです。

                               (続きは来週日曜日)


 
人気ブログランキングへ 

   ◇ 面接や作文に威力を発揮する経済常識の習得には

       ⇒ http://economy33.blog77.fc2.com/
プロフィール

Blue Mountin

Author:Blue Mountin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR