FC2ブログ

≪32≫ 面接の心得 ⑦

◇ 面接委員は達人ぞろい = 中堅の広告代理店。最終面接で「得意なことは?」という質問が出ました。忍耐力とか説得力とか答えが出るなかで、ある受験生が「得意なのはモンゴル語です」と言う。有名私大の経済学部なのになぜ?

聞けば「モンゴル語を独力で勉強した」という。当然な成り行きで「何か喋ってごらん」と言われ、1分間ぐらい口を動かす。面接委員たちはみな「面白いヤツだ」と感じました。

ところが面接が終わったあと、面接委員長を務めた社長が「あのモンゴル語は通じないね」と一言。これで、その受験生は採用されませんでした。なんと、その社長は東京外語大のモンゴル語科出身だったのです。

運が悪かったと言ってしまえば、それまででしょう。しかし面接者側には、どんな達人がいるか判りません。とにかく広告会社でなくても、誇大広告にはリスクが付きまといます。ご用心。 


                       (続きは来週日曜日)


人気ブログランキングへ 


 ◇ 面接や作文に威力を発揮する経済常識の習得には

   ⇒ http://economy33.blog77.fc2.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Blue Mountin

Author:Blue Mountin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR